太る体質とは何だ。

食事制限、運動に睡眠などを気をつけているつもりでも減量が進まない
ということ、ありませんか?

「良く分からないけど自分は痩せない体質だから・・」
「自分の食事制限はまだまだ甘いのか?」

こんな感じで、なんとなく納得していませんか。
「良く分からない○○」、「○○?」
まだ疑問を持っている段階です。
納得するにはまだ早いです。

事の真髄を見極めましょう。


まず、脂肪が溜まりやすいのは、脂肪を作る酵素が働きすぎている可能性が高い。

体に入ったエネルギーを脂肪に変える酵素はインスリンです。
インスリンが多過ぎたら血液中のエネルギーを過剰に脂肪にしてしまうのでNG
少な過ぎたら血液中のエネルギー(糖)が余りすぎで高血糖症(糖尿病)NG

インスリンの出すぎは以下などが理由になります。
 1、炭水化物分解に必要な唾液に含まれるアミラーゼという酵素の不足。
    【理由】
     ・ストレスでアミラーゼの分泌が少なくなる。
     ・咀嚼回数が少なく唾液が充分でるまえに飲み込む。
 2、欧米人に比べてアジア人はアミラーゼ分泌が少ないのに食の欧米化が進んだ。
    【理由】
     ・菜食、魚食が多いアジア人に肉食、穀食中心の欧米食は合わない。
     ・菜食、魚食はインスリン過剰になりにくい食材。
 3、インスリンの分泌をするすい臓に問題がある。
    【理由】
      ・病気など。
 4、インスリンに対して体に抵抗力がついてしまった。
    【理由】
      ・肥満でいつも血糖値を下げようとインスリンが出続けた結果、
       体がインスリンに対して反応が鈍くなりよりインスリンが出てしまう。
       

問題は、食事制限ではなく食べ方や、先天的、後天的な病気、肥満による影響など、
別の原因がある可能性が高いといえます。

もちろん、内容はかいつまんでいるものなので、
その他の原因もたくさんあります。
気になるものをピックアップしたに過ぎません。

溜まった脂肪が、食事制限しても、運動しても減らない
現象についても、後日まとめてみたいと思います。


ご質問などあれば、コメント欄よりお願いします。



WEBダイエット
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント