褐色脂肪細胞。

脂肪細胞には2種類あります。

白色脂肪細胞と、褐色脂肪細胞

白色脂肪細胞は、皆様よくご存知の通り、
過剰に摂取した体のエネルギーを蓄積しているものです。

では、褐色脂肪細胞はというと、それ自体で体温維持などの
代謝にエネルギーを使いそのエネルギーも自ら蓄えておく
というものです。

赤ちゃんを想像してください。
赤ちゃんの腕は、まんべんなく皮下脂肪がついていて、
手首やひじだけ、申し訳程度にくびれているだけだと思いますが、
大人の腕はそうではありません。
また、赤ちゃんは大人よりも基礎体温が若干高いです。
これは、全身に体温保持のための褐色脂肪細胞が付いているためです。
さらに、この細胞が体の代謝機能を高めます。

大人になると、褐色脂肪細胞は全部なくなってしまうかというと、
そうではありません。わきの下や肩甲骨周りなどに残っており、最近の研究では、
減った褐色脂肪細胞を増やして、全身の代謝を高めることも可能だといわれています。

背中周り、わきの下につながる体側などのストレッチを侮ってはいけません。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

肩甲骨はいつもストレッチしていましたが、わきの下もなんですね。
代謝がよくなると、ダイエットにも冷えにも良さそうです!